space

スローワインとは?slow wineはどんなワイン?

スローワインってどんなワイン? イタリアではワイン選びの指標として注目されているスローワインの特徴と魅力をお伝えします。  スローワインという言葉は初耳かもしれませんが、スローフードなら耳にされたことがあるのではないでし […]

2019.09.01 12:38イタリアワインコラム

スローワインってどんなワイン?

イタリアではワイン選びの指標として注目されているスローワインの特徴と魅力をお伝えします。

 スローワインという言葉は初耳かもしれませんが、スローフードなら耳にされたことがあるのではないでしょうか。

スローフードとは近年のファーストフード文化への警鐘の意味を込めてイタリアで生まれた「郷土に根差した食文化を守ろう」という運動です。 この運動は世界160カ国に広がり日本にも支部があります。

 一般社団法人 日本スローフード協会によると

スローフードは、おいしく健康的で(GOOD)、環境に負荷を与えず(CLEAN)、生産者が正当に評価される(FAIR)食文化を目指す社会運動です。

ワインそのものだけなくその背景にも注目したガイド

 そのイタリアのスローフード協会が発行するワイン年鑑がスローワインガイドです。 ワインを試飲だけで点数化して評価するのではなく、実際にワイナリーを訪問して生産者、歴史、栽培製造過程、テロワール、アイデンティティー、コストパフォーマンス等を丹念に調査したう上で多角的に評価するのが最大の特徴です。 その土地に根差してその魅力を最大限に活かしているかそして自然環境に配慮しているかということが重要視されているのが他のワインガイドとの大きな違いです。

 かなり事細かにヒアリングされるらしく、私の友人のイタリア人生産者もスローワインの調査の緻密さには戦々恐々としていました。 それだけにスローワイン年鑑に掲載されるということは彼ら生産者にとっても名誉なことなようです。 こうしたワイナリーにはスローワインの表彰状が飾ってあったり、ウェブサイトやSNS上で掲載をアナウンスすることが多いです。

7センチ程もある分厚いこのガイドはワイナリーの生産者の来歴、哲学、ワイン畑の環境、製造過程、肥料の有無又は種類、酵母の種類(野生か培養か)等がコンパクトにまとめられていて、多くの大手書店には置いてあり、イタリアではいわばワイナリーのタウンページ的頼りになる存在といえるでしょう。

年に一度の盛大なスローワインの祭典

 年に一度10月中旬にトスカーナ州フィレンツェから近い温泉地モンテカティーニテルメで掲載された500を超えるワイナリーが一堂に集う壮大なイベントが開催されます。

神殿のような飲用温泉施設の回廊に各ワイナリーのブースが立ち並び、来場者は生産者と直接話しながらグラス片手にテイスティングできます。

ワインだけでなくフードのブースも充実しており、思い思いにリラックスして文字通り「スローな」一日を過ごせます。

イタリアではワイン選びの一つの指標としてポピュラーなこのスローワイン、サステナビリティへの意識の高い日本でも注目される日が来るのはすぐだと思います。

日本で飲めるスローワイン

実はこのスローワイン日本でも飲むことができるのです。

自然に配慮し土地の魅力を活かした栽培や醸造への生産者の姿勢が評価されて、近年輸入量が拡大し日本でも目にする機会が増えつつあります。
※スローワインガイドは毎年掲載される内容が変更されますが、現在または過去に掲載されたワインを日本でも入手可能です

今回おすすめする、日本で飲めるスローワインは、北イタリアロンバルディア州の自然派ワイナリー「カッシーナ・ベルモンテ( CASCINA BELMONTE )」のワインです。

CASCINA BELMONTE / NATURAE

土着品種の「Rebo」100%のオーガニックワイン。亜硫酸(酸化防止剤)無添加で、自然を感じる優しいワイン。
抜栓して2日目からの味わいが素晴らしく、ワイン通の方でも楽しめるワイン。
https://liber.vin/product/naturae/

この NATURAE は、 「Rebo」という ワイン専門家でも知らない極めて珍しい品種のワインです。日本で手に入るのはここだけで、本数も限られていますので興味のある方はお早めにお試しください!
抜栓したては、所謂ビオ臭がありますが、2日目以降は香りも華やかになり、味わいに果実味が増し、素晴らしいワインに変化していきます!

是非、お試しください!


Writer

  • space
  • VINO_MINA

     外資系金融に長年勤務するも、イタリアワインが好き過ぎて2017年4月よりローマ近郊のビオロジコ、ビオディナミコのワイナリーにてブランドアンバサダーとしてPRや翻訳をするかたわら 1年半の滞在中イタリア中を旅して自然派ワインイベントに出没し、イタリア全州のワイナリーにネットワークを有する  ちょっとマニアックにイタリアのワイン、人、文化の魅力をリポートします!

    この執筆者の記事一覧

Related Column